チベットを知る会

宗教・文化

ダライラマ法王の写真を保持することは、チベットでは犯罪にあたります。中国当局によって僧院は厳しく監視され、一年あたりの出家僧の数にも制限が設けられています。1996年以降、僧院では「愛国再教育」が行われ、ダライラマ法王を批判できない者は思想が「好ましくない」とみなされ、一年間のうちに2,827名もの僧侶や尼僧たちが僧院から追放されています。

コメントをどうぞ


チベットを知る会