チベットを知る会

チベット インディペンデンス 100

チベット インディペンデンス 100

平日ですが、2月14日、東京新宿で、下記のイベントがあります。

何も貢献してないくせに、当日はチベットの民族衣装を着て偉そうに司会してます。
東京近郊の皆様、似合わない姿を笑いに来るだけでもいいので、是非おいでください。

また、真面目にこういう異文化に関心がある方が周りにいれば、こんなイベントがあるよと広めていただくと助かります。よろしくお願いいたします。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・
チベット インディペンデンス 100

「我々チベットは小さな独立宗教国家である。」――
 20世紀初めの帝国主義の時代、英露の「グレート・ゲーム」に巻き込まれたチベットは、辛亥革命と満州王朝(清朝)崩壊という歴史の荒波のなかで近代国家への道を模索します。ダライ・ラマ13世は1913年2月14日(チベット暦1月8日)、新年の大法要で冒頭のように布告しました。「祖国の独立を守り、維持するために、我々は一人残らず自発的に努力するべきである。」全チベット人に国民としての自覚を求めたこの布告は、チベットにおいて、正式な独立宣言とみなされています。
 この日から100周年を記念して、SFT Japanは2月14日、「チベット インディペンデンス100」と題し、チベットの歴史と魅力について多くの方々に知っていただくための講演会を催します。この講演会は、SFT(本部NY)が布告から100周年を機に世界各地に広げている「RECLAIM HISTORY」キャンペーンの一環です。

日時
2013年2月14日(木)開場 18:30 開演 19:00

会場
新宿区立 角筈区民ホール (新宿区西新宿4丁目33番7号)

ポスター

コメントをどうぞ


チベットを知る会