チベットを知る会

明日は、パンチェン・ラマの誕生日です。

明日は、パンチェン・ラマ11世 ゲンドゥン・チュー
キ・ニマの24歳の誕生日です。

1996年、ダライラマ法王は、ニマ少年を1989年に亡くなったパンチェン・ラマ10
世の生まれ変わりと認定しました。
それから三日後、ニマ少年は家族共々、中国政府によって拉致され、その後の消
息は、いまだわかっていません。

中国政府に拉致された時は、6歳。
当時、世界最年少の政治囚と言われた彼も、もう24歳。
無情に走り去っていく、時の流れを感じます。

チベットの人たちの為に何ができるのか、何をすべきなのか、私自身わからない
ことばかりです。
しかし、現実にチベットの人たちは今も不条理に苦しんでいて、私たちはそのこ
とを知っています。
ですから、小さなことでも、できることを出来る限りやっていきます。
改めて言う事でもないでしょうが、皆様も、チベットの人たちの為に、皆様の知
恵を、力を、お願いします。

コメントをどうぞ


チベットを知る会