チベットを知る会

代表者あいさつ

代表者イメージ
こんにちは、チベットを知る会の代表をしている太田です。

海外に対する支援に関わる人は、その対象となる国に対して、何かドラマティックな経験を持つことが普通のパターンではないかと思います。実は、私、そういった経験は何もなく、海外旅行をしたことすらありません。

2008年3月に虐殺が起きる以前に、私がチベットについて知っていたことと言えば、チベットが中国に侵略されて軍事占領下にあることと、チベットの人たちが弾圧下で生活していることぐらいで、具体的な弾圧の内容も知らなければ、史上最年少の政治囚と言われたパンチェン・ラマの存在すら知りませんでした。

2008年3月、チベットで大規模な騒乱が起きたというニュースを聞き、真実を知りたいと思いました。文献を調べ、亡命チベット人たちや、チベットを支援し続けてる人々の話を聞き、現地の映像を見るなどして、チベットで何が起きているのか、何が行われてきたのかを、少しずつ知って行きました。

現地を直接見てきた人たち、生の体験をしてきた人たち。そういう人たちが持つ、力あるメッセージを伝える力を、私は持っていません。でも、彼らが全ての場所に行くことはできません。そして、彼らのメッセージを代わりに伝える事なら、私にも、貴方にもできます。

チベットについて知ってください。
そして、誰かに伝えてください。

「チベットを知る会」とは?


チベットの人々は、半世紀以上もの間、中国による占領下の弾圧に苦しんでいます。
私たちは、2008年3月に、中国政府によってチベットで起きた虐殺をきっかけに、自分たちにも、チベットの人たちのために何かできることはないかとインターネットを通じて集まりました。

普通に生活をしながらの活動ですので、できることは限られていますが、それでも何かをしなければという思いで試行錯誤しながら活動しています。

以下のような協力をして下さる方を募集しています。

私たちと一緒に活動してくださる方

老若男女、国籍を問いません。チベットの人々のために一緒に取り組みたいという方、是非ご連絡ください。

上映会やお話の場を提供くださる方

「チベットについて、もっと詳しく知りたい。自分の周りの人に映像を見せたり話をして欲しい。」そういう要望をお持ちの方、場を提供していただけるならば、こちらから出向いてお話させていただきます。

チベットのことを周りの人に伝えてくださる方

あなたが知ったことを周りの人に伝えてください。一人でも多くの人たちに現状を知ってもらうことが第一歩です。

警固公園イベント


チベットを知る会