【ルンタプロジェクト】コロナ支援+囚われの少女レスキューキャンペーン 2020 <第4回『1世帯1日100円の食料支援』+第2回『人身売買被害者レスキュー』>

ルンタプロジェクトさんの下記活動を紹介させていただきます。

============

コロナ支援+囚われの少女レスキューキャンペーン 2020
<第4回『1世帯1日100円の食料支援』+第2回『人身売買被害者レスキュー』>

 ネパールのコロナの感染状況は、インドの影響を強く受けて悪化の一途です。第二波の到来で再度の厳しいロックダウンが行われましたが、効果は見えないまま、経済を優先させるために規制は緩和されました。その後、感染者数は増え続け、新規感染者は2,000人超を記録する日もあります。陽性者のうち約半数がカトマンズ盆地内です。人口比で日本の約20倍の感染拡大率なのです。
 ロックダウンの解除に伴い、職場に復帰できた人もいますが、経済活動は停滞したまま。ルンタプロジェクトで支援している人たちの復職率は非常に厳しく、「支援して欲しい」という声がたくさん届いています。
 「これが最後になって欲しい」と願いつつ、第4回の食料支援を行うことにしました。
皆さまのお力添えをよろしくお願いいたします。
今回の受益者は以下の通りです:
1)HIV陽性者50世帯・個人へ 予算15万円
2)人身売買サバイバー50世帯・個人へ 予算15万円
3)身体障害者施設25人へ  予算5万円
支援合計金額 35万円
 またインド・デリーのレスキューチームから、デリーの娼館で性奴隷として囚われの身にあるネパール人女性を救出できそうだという情報が入りました。すでに数人の身元の確認もでき、警察も動く用意があるようです。
 そこで今回は、人身売買被害者のレスキュー費用25万円も同時に寄付を募ります。この金額には調査費、裁判費、ネパール帰還費が含まれています。
コロナ支援+囚われの少女レスキューキャンペーンで合計60万円の寄付を募っていますので、どうかよろしくお願いします。
ご支援はこちらから
https://www.lung-ta.com/support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です